三井住友VISAデビュープラスの効率の良いポイントの貯め方について

年会費・ポイント(マイル)が貯まる効率・各種ボーナス・電子マネー等を実際に計算しながら比較してみた。
また以下の通りに細かく仮定して比較していく。

 

  • 年間50万円の利用の場合、加盟店で10万の買い物を50万に追加した場合のマイルと比較する
  • JAL/ANA/デルタ系カードはマイルに交換するものとする
  • 他カードは、ポイントをキャッシュバックや買い物時の割引きに充てることとする

今回このようにして比較するのは、ライフ・楽天等のポイント高還元カードが航空系カードよりも効率が悪い事がはっきりしている為である。
(ポイントをマイルに交換するのに「100円=1ポイント=約0.5マイル」と仮定。)

 

また、下記の計算式で、「三井住友VISAデビュープラスカード」で50万円利用した場合のシミュレーションができる。
(入会ボーナス2,000円分、入会後3ヶ月後はポイント5倍のボーナスとなる事は考慮済み。)

 

初年度ポイント=
 (35万円×ポイント換算率)+(15万円×ポイント換算率×入会ボーナス率)+ 入会ボーナス

 

次年度ポイント=
 初年度ポイント - 入会ボーナス + 50万利用ボーナス

 

加盟店を加味=
 次年度ポイント +(10万円×ポイント換算率×加盟店ボーナス率)

 

上図の通り、「三井住友VISAクラシックカード(学生)」の場合、初年度に限り他社のポイント系カードよりもお得となるが、次年度以降になると一部カードよりも数字が劣るのがわかる。

 

また上図の数字は、貯まったポイントをドコモ・ビックカメラ・楽天などのポイントに交換した場合である。ところが、カード請求額からのキャッシュバックとしてしまうと、次年度には三千円強まで減少してしまい、お得感は減ってしまう。

 

他社でお得にポイントを貯める為の手段として、ポイントアップモール等での買い物等があるが、これは各社同様のサービスやポイントアップモールやネットショップがあるので、これだけでは大差をつけるのは難しいであろう。

 

加えて、ポイントではないマイル系カードであったならば、仮にANAカードで計算してみると1年で6000マイル、3年間で18000マイルにもなる。これだけあれば、東京〜沖縄間、東京〜韓国で往復ができるほどだ。残念ながらこのカードでは、3年間貯めても15000円程度なので、これでは格安ツアーに行くのにも厳しいお値段となってしまう。

 

ちなみにANA・JCBカード(学生用)は、マイルを貯めるのには打ってつけだ。とは言え、もし年1回はJALを使うのであれば、JALカードnaviの方がマイルを多く貰えるのでそちらの方がお得と言えよう。

 

尚、ライフや楽天では、キャッシュバックや割引額が3年間でおおよそ2万〜3万円超えになる。かつ、ANAやJALといった大手航空会社ではなく、格安のピーチ航空やジェットスターを利用するのも勿論価値はあるだろう。現金が良いか航空券が良いかは、個人の好みでも違ってくるから、好きな方を選ぶと良いだろう。